時間の作り方:3ステップ! ~僕は残業時間が半分に~

こんにちは!

柾木です。

 

社会人ってなかなか時間を作るのが難しいですよね・・・

私も普段、仕事にブログにBBQに・・・やりたいことがタンマリありまして、もっと時間ほしいー!と思うことが多々ある状況です。(笑)

 

そんな中でも、僕自身がちょっと意識を変えただけで、1年前に比べ会社の残業時間が約半分になったという事例がありましたので、ご紹介ができればと思います!

 

そもそも時間ってどれだけあるの?

 

まずは本当に大枠のお話です。

自分たちが生きている間、時間はどれくらいあるのでしょう?

 

日本人の平均寿命は約80歳と言われていますが、これを時間になおすと、

 

80年間×365日×24時間=700,800時間

 

700,800時間・・・ななじゅうまんはっぴゃくじかん・・・

ちょっと想像はできませんね。(笑)

 

睡眠時間を1日平均7時間で計算をすると、人生において人間が活動している時間はおよそ50万時間になります。

 

この時間を長いととるか、短いととるか・・・

それはあなた次第です。(笑)

 

時間を作るために:3ステップ!

 

まず上記で記載をした通り、時間は数字で表せます。なので具体的・論理的に考えることができます。

さらに時間っていうのは、自分がやりたいことを実現するための何よりも重要な要素です。

所要時間が0(ゼロ)の状態で、何かを成し得ることは不可能ですからね。

 

時間っていうのは、自分が実現したいことのために使うものなのです。

それを念頭に置いて、お読み頂けると幸いです。

※自身の手帳なんかがあると、分かりやすいかもしれません。

 

ステップ①:時間を把握する

 

先ほどの人生の50万時間という時間を長いと感じる人もいれば、短いと感じる人もいるかとは思います。感じ方は人それぞれでOKですが、いつも過ごしている時間を、まずは見える化することが大切です。

 

普段皆さんは、1週間をどのように過ごしているでしょうか?

職業や立場によっても、もちろん変わると思いますが、平日は仕事、土日は休暇、という人がほとんどかと思います。

では具体的に何に時間を使っているのでしょうか?

 

さらに1カ月はどのように過ごしているでしょう?

1日はどのように過ごしていますか?

 

まず現状把握。一度振り返ってみて下さい!

 

この時間は無駄だったな、とか、何してたんだろう?というタイミングはないですか?

あー、そういうのたくさんあるなー、って方は、まだまだ時間を生み出せる余地があります!(笑)

 

ステップ②:時間を何に使うか決める

 

さて、把握ができたら次のステップとしては、時間を何に使うか決めること。

と、いうよりはやりたいことを先に決めることですね。

 

このブログのタイトルと矛盾した表現を使いますが、時間を生み出すなんてことは、魔法使いでもない限りできません。

そして時間は、増えることは絶対に無いのです。

 

であれば、やりたいと思えることに時間を使いたいですよね?

やりたいことを考えることが、二つ目のステップなのです。

 

ステップ③:スケジュールを埋めていく

 

最後のステップがスケジュールを埋めていく作業です。

 

僕もそうですが、仕事の予定等、外せない予定は必ずありますよね。(笑)

それは仕事を変えたり、会社をやめたりしないと、変化しないものなので、仕事でスケジュールが埋まっていることは全然OKです。

 

ではすでに埋まっているスケジュール以外の部分を見て下さい。

以外と空いてないですか?

 

例えば平日1日のスケジュールで考えた場合、9時~18時が仕事だとすると、逆に「7時~9時」「18時~24時」は、空いてますよね?

合計すると、8時間も時間があることになります。

(もちろん通勤や家事はあると思いますが、わかりやすくするために除いています。)

 

その8時間の中に、自分のやりたいことを埋めていくのです。

8時間あれば結構なことができますよね?本を読んだり、ブログ書いたり、平日にBBQも・・・(笑)

 

時間、できそうですよね?(笑)

 

最初に計画をたてて実行すれば、時間を有効活用できちゃいます。

逆にこれが決まらないと、だらだら何となく、時間が過ぎてしまいます・・・

 

残業について僕が思うこと

 

ここまで読んで、「いや、残業あるし・・・」と思ったそこのアナタ!

それはあなたが、自分のやりたいことより会社の残業を優先したいと、無意識のうちに考えてしまっているのです。

だって夜、大事なデートの約束があれば、必ずその時間に間に合うよう帰りますよね?

だから残業が多いと感じる人は、その後に予定が入っていないことが原因なのです。

予定はたとえデートじゃなかったとしても、家族と過ごしたり、はたまたカフェに行ったり・・・どんなものでもOKです。

 

もちろん仕事には繁忙期等もありますし、頑張りたい時期があるのも分かります。

だから残業をすること自体を否定している訳ではありません。

(僕も仕事好きなので、残って仕事することはありますよ!(笑))

 

ただなんとなく残業をしてしまっているのなら、それは大問題。

残業が多い人は、気づかないうちにその考えが染みついてしまっているのです・・・

 

最後に・・・

 

時間は有限ですし、誰しもに平等に与えられているものです。

それを活かすか、無駄にするかは、自分次第です。

でもせっかくなら、人生有意義にすごしたい、って僕は心の底から思います。

 

時間の有効活用は、働き方改革を推進していく上で重要なキーワードになってくると思いますので、まだまだ深く考えていきたいですねー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です