芦名勇舗さんの講演会に行ってきた!

こんにちは!

柾木です。

 

昨日、芦名勇舗さんの講演会@大阪に、行ってまいりました!

個人的な目標の一つに、芦名さんを生で見るということがありましたので、わくわくしながら足を運んできたのであります。(笑)

 

今回、講演会の企画をした、株式会社muljobの九鬼社長からのご縁にて、参加をさせて頂きました!

ありがとうございました!

(九鬼社長なんて、初めて言った(笑))

 

簡単かつ、ほんのごく一部ではありますが、講演の内容と、感じたことをツラツラまとめてみたいと思います。

 

芦名さんって?九鬼さんって?

 

まず芦名さんって誰?九鬼さんって誰?

となる人のために、簡単にご説明

※写真左が九鬼さん、右が芦名さん

 

芦名勇舗さん

1988年生まれ。

慶応大学アメフト部主将/U-19アメフト日本代表主将。

電通社にてコピーライターを経た後、プルデンシャル生命保険社にて営業/最年少営業所長に。

その後、ハリウッドにて俳優として活躍し、無職期間を経て、芦名表参道株式会社を設立。

 

んんん、かなり異色の経歴ですね。そして「我が道を行く」という感じで、非常に魅力的です。(笑)

 

また「世界から不幸をなくす」という考えのもと、事業領域は決めず起業やコンサルティングを行っており、最近では本も出版されていらっしゃいます。


突き抜ける人は感情で動く 結果を出すためのメンタルと行動力のつくり方 [ 芦名佑介 ]

 


突き抜ける人は感情で動く 結果を出すためのメンタルと行動力のつくり方 [ 芦名佑介 ]

九鬼豊広さん

1988年生まれ。

立命館大学ラクロス部副将。

新卒で大手損害保険会社に入社し、入社1年目からファイナンシャルプランナーとして、複業をスタート。

2017年1月、株式会社エス・エム・エスに転職し、関西の営業拠点長を行う傍ら、同月に株式会社muljobを設立。代表取締役社長に。

 

・株式会社muljob 代表取締役社長

・株式会社エス・エム・エス 西日本エリア長

・ファイナンシャルプランナー(個人事業)

3つの名刺を持つ複業家。

「複業を当たり前に」をキーワードとして、関西を中心に活動をしていらっしゃいます。

 

サラリーマンの違和感(芦名さんの電通社時代)

 

副業(複業)解禁・・・終身雇用が終わる・・・等々、数十年前当たり前だと思われていた「常識」が、今打ち破られようとしています。

 

芦名さんは電通社にいた時、コピーライターとして活躍していましたが、、サラリーマンとしての働き方に少し違和感を持っていたそう。

 

何が違和感かというと、サラリーマンとして稼ぐためには、

・年次(年齢)を上げる

・残業時間を増やす

この二つしか無いということ。

 

となると、お金を稼ぐためには、年齢を上げることを頑張るか、いかに残業代で稼ぐかを、考えないといけない。

これってすごく違和感。

 

ということで、プルデンシャル生命保険社にヘッドハンティングされたタイミングで、転職を決意したわけです。

 

複業に関しての考え方

 

複業としてのメリットは何か、という問いに対して、

・やりたいことを成し遂げることができる

・キャッシュポイントを増やすことができる

この二つだと、芦名さん、九鬼さんは言います。

 

サラリーマンは最強説

まず、サラリーマンは最強、ということ。九鬼さんからのお話。

どういうこと?と思われるかもしれませんが、お金が毎月、必ず○万円入ってくる、いう状況って、実はめちゃめちゃすごいのです。

極端なことを言うと、仕事をしてもしなくても、9時から17時の間に職場に行くだけでお金がもらえる。

 

そんな風に、ベーシックインカムがある状況であれば、やりたいことにもお金を投資しやすいと九鬼さんは言います。

やりたいことを考えた時に、複業という形で、サラリーでの給与+自分の事業を持つことが、一番リスクが少ないですからね。

実情、社長だったとしても、サラリーマンより稼いでいない人はたくさんいます。

フリーランスの方が、お金のやりくりに苦労しているのも、珍しくはありません・・・

 

また、芦名さん曰く、やりたいことがあって実行する人は、ベージックインカムが無くてもやるし、無い人は、ベーシックインカムがあってもやらないです。

 

そう考えると、サラリーとしてのお給料があると、メリットですね。

九鬼さんが、敢えて独立をしない理由の一つです。

 

キャッシュポイントが一つしかないと不幸になる

これは、芦名さんからのお話。

芦名さん曰く、キャッシュポイントが一つしかないのは不幸につながる、とおっしゃっていました。

 

キャッシュポイント(=お金を頂く先)が一つしかないと、極端な話、お金を頂く先に、頭を下げ続けなくてはいけなくなる、という現象が発生するのです。

キャッシュポイントがいくつかあれば、対等に自由に活動行動ができるので、それは大きなメリットであると言えます。

 

特に日本人は、そんなことを考えることもなく生活ができてしまうので、キャッシュポイントが一つになりがちとのことでした。

 

お金を稼ぐ感覚

九鬼さん曰く、複業を考えた時に大事なポイントは、時間をお金に変える領域を抜け出す、こと。

サラリーマンだけをやっていると、お金を稼ぐ感覚がわからなくなるのも、デメリットの一つです。

 

バイトや、サラリーマンではなく、価値を生み出すことが大事なんですね。

 

営業職について

 

さて、ここからは営業として圧倒的な結果を出してきた芦名さんの「営業職/売り上げに関しての考え方」です。

 

営業は一番おいしい職業

芦名さん曰く、一番おいしい仕事は営業職、とのこと。

営業力を極めれば、どこまででも活躍ができます。

 

顧客のニーズは2種類しかなく、顕在的なものか潜在的なものかの、いずれか。

 

営業マンが一般的に勝負を仕掛けるのは、顕在化しているところのみ。

でも営業力があれば、潜在化しているニーズに勝負を仕掛け続けに行けるのです。

マーケットが、ウンと広がるということですね。

 

売り上げは、お金だけではない

売り上げやコストの考え方は、お金だけではない、という芦名さんの考え方。

 

例えば、メンタリティ。

自身の活動において、気持ちよく過ごすことができれば、それはもはや稼ぎだし、イヤな気持ちになれば、それはコスト。

(「うざい」人と付き合うのは、それだけでもう大きなコスト)

 

芦名さんは、気持ち面のコストがかかるので、電車やバスに乗らないそうです。(笑)

お金ではなく、メンタリティの売り上げ/コストを考えるのも大事ということですね。

 

ビジネスのルール

 

こちらも芦名さんからのお話。ビジネスのルールは、企画×集客×信頼

この3つの掛け算で成り立つとのこと。

 

企画力

これはシンプルに、人にどうすれば喜んでもらえるかを考えること。

普通に生きていると、人は人から何か奪うことしか、考えられない生き物だそう。

(サラリーマンとしてのお給料の考え方もそうですね。もらえて当たり前だと思ってしまう・・・)

 

ただビジネスマンや社長としての考えの基本は、いい企画をして、どうすればみんなが喜ぶか、を考えること。

企画に関してはこの視点が大切です。

 

集客力

これは、先ほど営業のパートで述べた、顕在化、潜在化の話ですね。

今すぐに○○がほしい!、と思っていなくても、紐解いていくと実は、欲していたり、必要だったりすることもあります。

そこにアプローチできるかが勝負です。

 

信頼

まあこれは当たり前ですね。(笑)

嘘をついたり、ぼったくったりすると、信頼が無くなりますし、そんな人にお金は集まってきません。

 

・人を喜ばせたいと考えて

・マーケットインサイトが、何を考えているのかを想像して、

 

信頼があれば、ビジネスで成功するとの考え方でございます。

 

その他の考え方(質疑応答など)

 

ここからは、その場の質疑応答で出た、芦名さんと九鬼さんの考え方。

一部をご紹介します~。

 

ビジネスの考え方でも述べましたね。人に喜んでもらうことがめちゃめちゃ大事!

 

メンタルを強くしたい!との質問への回答。

人は元々、弱い!

 

新しいことへ挑戦したいけど、失敗が怖い・・・

という質問に対して。

 

最初から成功できるなんて難しい。新しいことなんだから、失敗して当たり前!

没頭すれば、いつかは必ず成功する!という考え!

 

一人でモチベーションをあげるのって難しいですよね・・・

それであれば、人に会って、話をして、誰かのモチベーションを上げるために頑張れば、自然と自分のモチベーションも上がっています。

 

マネジメントについての考え方。

採用おじさんとしては、興味深いです。(笑)

 

最後に・・・

 

いかがでしたでしょうか?

怪物のお二人による対談、非常に面白かったです・・・!

 

また今回の記事は、講演会のごくごく一部です。

もし興味のある方がいれば、お話を聞く機会はこれからもあるみたいなので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

ご参考まで~

 

■芦名表参道株式会社:website

https://www.ashinaomotesando.com/

■株式会社muljob:website

http://muljob.strikingly.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です