普通の鍋で、無水カレーを作ってみた

こんにちは!

柾木です。

 

梅雨に入り、どんどん夏に近づいてきましたね~。

夏が好きな僕としてはうれしい限りです!

 

さて先日、平日に休みがありましたので、箕面の山奥にアウトドアへ行ってまいりました。

今回のミッションは、無水カレー作りです!

無水カレーとは?

 

まず、無水カレーをご存じでしょうか?

僕も噂ながらにしか知らなかったのですが、なんと水を一切使わずにカレーができるのです!

 

厳密にいうと、野菜からでる水分だけで、カレーを作るんですよね。

本当にそんなことが可能なのか・・・と、最初は半信半疑でしたが、結論おいしいカレーを作ることができました!

 

しかもダッチオーブンや、圧力鍋などを使わずに、普通の鍋でも十分作ることができました!

材料やレシピ含め、どんなモノが出来上がったのか、ご紹介したいと思います。

 

無水カレー:用意する材料・準備物

 

今回、2人でカレー作りに挑戦したのですが、なぜか12人前作りました。(笑)

用意する食材はこちら!(12人前。(笑))

 

・玉ねぎ・・・5個

・トマト(中サイズ)・・・7個

・なす・・・2本

・ジャガイモ・・・2個

・にんじん・・・1本

・しめじ・・・1袋

・マイタケ・・・1袋

・豚肉・・・200グラム

・ニンニク・・・少々(お好みで)

・ショウガ・・・少々(お好みで)

・ローリエ・・・少々(お好みで)

・カレールウ・・・12粒(水分によって調整ください!)

 

・・・まず玉ねぎ、トマトの量が尋常じゃないですね。(笑)

ただ水分を出すためには、玉ねぎ、トマトはかなり大切な野菜です!

それ以外の野菜は、基本お好みで大丈夫かと思います。

 

あとは、下記の準備物。

 

・包丁

・まな板

・カセットコンロ(カセットガスも)

・大き目の鍋(必ず蓋つきで!)

・おたま

 

家で作る場合は、カセットコンロはいらないです!

 

無水カレーのレシピ

 

さてここからは調理手順に移って参ります。

無水カレーの特徴は、水分の出る野菜を長時間煮込むことが鉄則です!

 

無水カレーの調理手順①:野菜を切る

 

まずは野菜を切るところからスタートします。

 

・玉ねぎは半分の量を、みじん切りに

・トマトは八等分にカット

 

この2つだけがポイントで、あとはいつものカレーと同様にカットしていって大丈夫です。

 

無水カレーの調理手順②:豚肉を鍋で炒める

 

お肉の香ばしさを出すために、最初にお肉を炒めます。火が通れば、別のお皿に移し替えておいてください。

野菜を煮込んだ後に、投入します。

 

無水カレーの調理手順③:野菜を鍋に投入

 

鍋の中に、最初は水なんてありません。

なので鍋にそのまま野菜を投入していきます。

 

この時、入れる順番が結構大切です。水分の出やすい順に投入します。

①玉ねぎのみじん切り

②玉ねぎのくし形切り(通常カレーに入っている形)

③トマト

④その他野菜

 

こんなに満杯になりました。(笑)

※さすが12人前・・・!

 

無水カレーの調理手順④:野菜を煮込む

 

これが一番大事な作業。煮込みます。とにかく煮込んでください!

ポイントは、弱火で1時間!蓋は絶対に開けない!です。

野菜から水分をしっかり出すために、弱火でしっかり煮込んでいきます。

 

するとどうでしょう・・・

 

!!!

こりゃびっくり!まったく水を入れてないのに!

最初は、本当に水分なんて出るの?と半信半疑でしたが、もはやあふれんばかりの水分!

1時間待った甲斐がありました。無事カレーもできそうですね。

※このタイミングで、最初に炒めたお肉も投入します。

 

一口飲んでみましたが、甘みと旨みがありました。

塩を入れれば、そのままスープになりそうでした。恐るべし、野菜のポテンシャル。。。

 

無水カレーの調理手順⑤:仕上げ工程!

 

ここまで来ると、もう完成したも同然です。

カレールウを投入し、仕上げます。

 

少し煮込んで、完成!うまそう!

 

ちなみに別途お米も炊いておりましたので、お皿に盛り付けました。

※お鍋でのお米の炊き方はこちら!

https://otona-outdoors.com/2018/06/06/20180605/

 

うまい!

 

さすがに12人前食べきれなかったので、余った分は持って帰りました。(笑)

 

おまけ:サワガニとの出会い

 

ちなみに1時間煮込んでいる時、さすがにやることが無かったので、近くにあった川で遊びました。

すると・・・サワガニ発見!

やっぱり自然は良いですね!

 

以上、平日のアウトドアでした~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です