朝活 ~朝早く起きれるようになるには?~

こんにちは!

柾木です。

 

いや~、徐々に「#採用おじさん」が浸透してきていますね。(笑)

嬉しい限りです。

 

さて、それは一旦置いときまして、今回は「朝活」に関してのお話。

 

僕はここ1年くらい、朝活を習慣化しておりまして、日々少し早めに起きてはカフェに行き、勉強するなり、本を読むなり、考え事をするなり、のんびりするなり、朝を楽しんでおります。

 

そして、ちょくちょくfacebookなんかでチェックインしたりすると、朝活したいんですけど、なかなか起きれないんですよね~!と言われることなんかもあるんですよね。

 

気合いで起きろや!とも言いたくなるわけですが、気合いで起きれないから困っているのであって、僕はそんな困ったちゃんをほっておけない性格ですし、実は朝がめちゃくちゃ弱いので、人の事を言えません。(笑)

※僕なんかは起きた瞬間のテンションは半端なく低いですし、そもそも全然起きれません。大学時代は起きれてたんですけどね・・・

そんな中でも、あるポイントだけ押さえておくと、朝起きれるようになったので、朝早く起きれるようになるためにというキーワードで、ツラツラ綴って参ります。

 

朝早く起きれるようになるには?(前日編)

 

朝早く起きるためには、前日の過ごし方がポイントです。

もうあなたの朝の気分は、前日の過ごし方で決まる、といっても過言ではありません。

その中でも特に大事なものを、まずは3つご紹介。

 

朝早く起きるために(前日):前日は早く寝る

 

「えっ、そんなこと?」と、思うかもしれませんが、逆にこれさえできれば起きれます。

当たり前やろ!という声が、どこからともなく聞こえてきそうです。笑

 

でもみなさん、意外とできていないんじゃないですか?

家でビールやチューハイを、カシュッとあけてついつい夜更かし・・・

(これはこれでめちゃ楽しいですよね。(笑))

 

ただ人間ってよくできていて、良いパフォーマンスを上げるために必要な睡眠時間は、だいたい決まっております。

なので起きたい時間と、睡眠時間から逆算して、寝る時間を決めることが、一番大事なことなんです。

 

え?残業が多くて帰るのが遅い?

そんな人は、もっと生産性を高める努力をしましょう!

※生産性向上の記事<時間の作り方:3ステップ! ~僕は残業時間が半分に~>

https://otona-outdoors.com/2018/05/18/20180518/

 

朝早く起きるために(前日):夜食をしない

 

夜食をしなかった次の日は、目覚めが全然違います。

みなさんも体験あるかもしれませんが、夜遅くにご飯を食べた次の日は、胃がムカムカしますよね?

 

どうしてもお腹がへった時や、晩ご飯を食べれなかった日は、スープ系か、野菜のみ食べることをオススメします。

 

朝早く起きるために(前日):適度な運動を

 

健康的な生活に、運動は欠かせませんね。寝つきの良さも違います。

運動する時間がなかなかとれない・・・という方は、20分以上のウォーキング、もしくはストレッチをするだけでもかなり違いますね。

 

最低週2回行うだけでも、かなりの差がでてくると思いますので、是非実践してみてください。

 

朝早く起きれるようになるには?(当日編)

 

先ほどあなたの朝の気分は、前日の過ごし方で決まると名言を残しましたが、実は当日もかなり大切です。

 

朝早く起きるために(当日):朝やることを決める

 

そもそもの問題ですが、「朝早く起きる目的」が無いと、早起きは難しい。

カフェに行くでも、たまっている仕事を片付けるでも、なんでも良いと思うので、まずはやることを決めましょう。

 

※僕の場合、最初は「勉強」と「朝ごはん」のために起きていました。

 

朝早く起きるために(当日):おいしい朝ごはんを食べる

 

意外と大事なのがこれ。

朝早く起きたはいいですが、結局眠いし、モチベーション上がらないし、、、なんてなってしまうと、継続させるのは至難の技です。

 

子供の時の休日を思い出して下さい・・・

朝起きたら、ご飯とお味噌汁のにほひ・・・

ああ、考えただけでもヨダレが・・・

 

「あしたの朝は美味しいごはんを食べよう!」と思えば、早起きも少し楽しみになります。

 

朝早く起きるために(当日):誰かと会う約束をする

 

1番効果的なのは、これ。

約束をしたからには、もう朝早く起きるしかない。とりあえず間に合うように起きますよね。笑

 

本当に朝早く起きて時間をつくりたいなあ・・・なんて思ってる方は、とりあえず周りの人をとっ捕まえて、「明日の朝7時半にカフェ集合な!」って、言ってみてください。

 

大阪であれば僕が付き合います。(笑)

 

最後に

 

朝活と言うと、なんか固い感じですが、早起きするとシンプルに得した気分になりますよ!

 

また少し違った視点でいうと、パワーモーニングは朝活の極みなので、こちらも試す価値あり!です。

※パワーモーニングの記事!

https://otona-outdoors.com/2018/05/16/20180516/

 

良い朝活ライフを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です