お鍋でご飯を炊く!~アウトドアにて~

こんにちは!

柾木です。

 

突然ですが、炊きたてのお米っておいしいですよね~。

昨年の秋頃キャンプに行ったとき、大自然の中で炊きたてのお米が食べたい!と思い立ち、挑戦をしてみました。

 

そしてそして、今回は特別なものなど一切使わず、お鍋でご飯を炊きました~。

備忘録として書いていきたいと思いますので、ご参考にしていただけますと幸いです。

 

キャンプでは炊飯器が無い・・・

でもレトルトは味気ない・・・

そんな時にぴったりの炊飯方法です!!

 

鍋でお米を炊く:準備するもの

 

まずは、準備物。

本当に一般的なものだけでOKです。

 

・蓋つきの鍋

・米

・水(米1合につき、200ml)

・計量カップ(あれば)

・コンロ(カセットコンロ等でもOK)

 

私の場合キャンプでご飯を炊くときは、朝ごはんの時が多いので、奥さんと二人で1合あれば十分です。

炭火でもできなくは無いですが、安定した火力が必要ですし、鍋も汚れないので、こだわる方以外はカセットコンロが一番だと思います。

鍋でお米を炊く:全体的な流れ

 

簡単にいうと、お米をとぐ→水につける→加熱→蒸らす、です。

ただ工程ごとに、重要なポイントがあります。

 

お米をとぐ

これはもうフツーにお米をといで下さい。

炊飯器を使う時と、なんら変わらずで大丈夫です。

 

水を入れる~お米を水につける(超重要)

1合につき、200mlの水を注いでください。

計量カップがあれば便利ですね。

 

そして、ここが超重要なポイント

1時間以上水につけてください。

 

芯まで火を通すために、これは欠かせない作業です。

ここをサボってしまうと、芯が残っておいしくないご飯になってしまいます・・・

※朝、時間が無さそうであれば、前の日の晩からつけておいてもOKです。

 

加熱、かき混ぜる

まずは中火にかけ、沸騰するまでかき混ぜながら加熱します。

このタイミングでは、焦げつき防止のためにぐるぐるかき混ぜます。

 

沸騰したら、蓋をしめる

沸騰してきたら、蓋を閉めます。

弱火で15分、グツグツグツグツ。

※蓋は絶対に開けないように!

 

火をとめて蒸らす。15分放置。

ここからは蒸らす作業。

火を止めて、15分放置をすればOKです。

※蓋は絶対に開けないように!

 

最低15分は必ず蒸らしましょう。

 

完成!鍋でお米が炊けた!

 

完成したのがこちら。

ん~、うまそう!良いにおい!

ふっくら、おいしいご飯が炊けました!

 

カレーと組み合わせて・・・

非常に美味でした!

自然の中で食べるカレーは、本当にうまかった!

 

ポイントさえ外さなければ、おいしくご飯が炊けますよ~。

みなさんも、お試しあれ~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です