なぜラクロッサーは社会で活躍できるのか

こんにちは!柾木です。

 

最近は少し業務が変わり、学生さんと話をする機会が増えました。

 

今年の3/1にて27歳になりましたが、学生時代ってもう5年以上も前なのですね~

 

 

今までも度々、学生さんと話をさせていただく機会はありましたが、これからは会社を通じ、たくさんの方々にお会いをすることになりそうです。

 

おー。楽しみ。

 

てなわけで本ブログにおいても、何か関係あることを書いてみよう!

 

なんて思っとります。

 

・・・といっても何から書けばいいのやら。

 

 

色々迷った挙句、一旦僕が大学時代行っていた「ラクロス」と絡めて、書いてみよう!と、なりました。(笑)

 

 

 

その名も、なぜラクロッサーは社会で活躍できるのか

 

順を追って見ていきましょう。

 

 

1回生:チャレンジ精神

 

さて皆さま。

 

自身の大学1回生、入学時を思いだしてみてください。

 

高校を卒業して・・・

はたまた浪人生活を終え・・・

 

晴れて大学生になった皆さんに待ち受けているもの。

 

それは輝かしいキャンパスライフ

 

ではなく、

 

おびただしい新歓チラシの山!!

 

 

テニサーだけで、何サークルあるんですかね?

 

そして、チラシ配りからの、体験入会からの、個別面談等を挟み・・・

企業の採用か!と言いたくなるくらいの、念の入れよう。

 

 

そしてかっこいいお兄さん、きれいなお姉さんから背中を押され、晴れてリア充の仲間入り。

 

 

 

そんな欲望渦巻く環境の中、「未経験活躍可能!」「体育会で汗を流そう!」

みたいなキラーワードを発しながら、見たことないスティックを手に持ち、闊歩する人たち・・・

個別ブースにはごついヘルメット。

 

 

それがラクロス部。

 

自動代替テキストはありません。

※練習風景

 

 

そうです。入部希望者は見たことも聞いたこともないのに、

 

しかも、新歓にてオレンジデイズが目の前!

という甘い誘惑があるにも関わらず、ゴリゴリの世界の扉を叩くことになるわけです。

 

しかも未経験で。

 

「おっ!チャレンジングだね!」と言いたくなるポイントですね。

 

 

2回生:挫折を味わう

 

 

1回生の新人期間も終わり、晴れて上回生(チームの先輩たちね)と、同じフィールドでプレーをすることに。

 

そもそも1回生には1回生の大会があり、教育も兼ねて、ある程度全員を試合に出場させる。

 

なので、1回生が終わるときにやっと、サバンナに放たれるみたいな感じなんですよね。

 

会社で言うと、研修期間が終わり、現場に本配属をされるタイミングでしょうか。

 

まずここで先輩たちのレベルの高さ、ラクロス会の大きさを知る。

 

 

そして体育会なので、そりゃあもう実力主義。

 

 

ラクロスやってました!って、社会人になってから言うと、楽しくサークルしてたんでしょ?

 

みたいに言われることがありますが、中身は意外とガチガチ体育会なので、弱肉強食の世界です。

 

 

そもそもラクロスって、試合に出れるのは15人~20人程(フィールドは10人)ですが、僕の出身校などは部員もMAX120人くらいいたので、もう本当熾烈な争いですよね。

 

 

そう、ここで2回生で味わう真の挫折。

試合に出れない。

(もちろん2回生でも、うまい人は出ますよ。笑)

 

 

まあ試合に出れないのは部活をやってると、当たり前にいるわけですが、当事者になると結構つらい。

 

 

特に「おまえラクロスやってんだろ?すげーな!今度見に行くよ!」

なんて友達に言われたときは、メンタル崩壊ですね。

 

「いや俺、試合出てねーし。」

 

 

なんて、言いにくいもんねー。

 

 

結局、別の2回生が試合に出ていたりするので、そいつを見に試合には来てくれるわけですが、

 

一緒に応援しないといけない羽目になるし、そもそも悔しくて心から応援できないなんてこともしばしば。。。

 

 

みんなスタートは一緒だったからこそ、余計に悔しいんですよね。

 

 

はい。長くなりましたが挫折を味わっている人間は強いです。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、オンステージ、靴、群衆、屋外

※新人戦の応援風景

 

 

 

3回生:チームとは?組織とは?

 

上級生がいなくなり、努力も実ってくる頃。

それが3回生。

 

自信もつき、チームのエースなんかもポツポツ出現してきます。

 

 

でも逆に自分のことだけでなく、チームへの影響力も求められます。

まるで企業がマネジメント力を求めるよう・・・

 

 

発言する・発信する。チームを鼓舞する。疲れた顔を見せない。つらい顔をしない。

下回生のサポートも行う、上回生のフォローもする。意見も言う。

そうみんなチームのために動くのだ!それが理想なのだ!

 

という、インパクトを受ける時期。

 

 

極端な話、実力があったとしても「チームのこと考えてないから、2軍落ちな」

みたいなことも普通に起こるわけです。

 

 

それに加え、下からの突き上げもすごい。

スキル向上も必須なので、てんやわんや。

もはや会社でいうところのプレイングマネージャーですね。

 

 

という感じで、頑張る3回生ですが、

 

4回生の引退を迎える頃に、自分の無力さを感じることに。

 

 

ラクロスはリーグ戦+プレーオフの様なトーナメント戦で、

リーグの決着が付くので、勝って笑って終わるチームは1校のみ。

 

なので悔しい思いをして終わる大学がほとんどです。

 

 

そこで3回生は気付くのです!

 

あの偉大な4回生をしてでも、悔し涙を流すのだ。

(もしくはあの4回生だったから、俺たちは悔し涙を流すことになってしまったのだ。)

※後者は悲しいですね。笑

 

結論:「よし、来年は俺たちが日本一のチームを作るのだ!」

 

自動代替テキストはありません。

※回生MTGの後(なぜか記念撮影をしていた時)

 

 

4回生:人間性の向上に努める

 

 

はい、4回生は言わずもがな集大成。

 

企業でいうところの経営幹部ですね。

 

最初に言うのを忘れてましたが、大学のラクロス部は学生主体で、監督もいないカレッジスポーツです。

 

なので練習メニューや、試合メンバーに加え、組織制度やプロジェクト、目標、理念やスローガンなんかも、自分たちで考える必要があるんですね。

 

 

もちろん学生だけで考えつくことは限られているので、外部から来て頂く経験豊富なコーチやOBに協力を仰ぎ、信頼関係を作っていき、アドバイスを受けながら、

 

最終的には自分たちで判断をし、決定をする。

 

その中核を担うのが、4回生の面々なのです。

 

 

体育会=とりあえずスポーツしているやつ

 

 

と思われがちですが、全然違います。

MTGや話し合いの場も多く、ぶつかることも、けんかすることも・・・

 

 

プレーで引っ張る!というのも大事ですが、そんなメンバーだけでは、チームはよくならない。組織は適材適所。

 

 

自分で考え、自分の立ち位置を見つけ、そこで100%、いや、120%のパフォーマンスを発揮する。

 

それは主将でも、エースでも、スタッフ・マネージャーでも、学生コーチでも、役割や役職がないプレーヤーでも同じこと。

 

 

 

でも共通して大事なことはあるよね?と、そこで4回生は気付くのです。

 

 

「人間性や・・・大事なのは・・・」

 

 

ラクロス、チームへの取り組みももちろんですが、

 

整理整頓、ごみ拾い、気遣い、等々、細かい点も意識しながら、

人間性を高めるために、4回生は努力をします。

 

 

そのモチベーションで、最終リーグを走りきるのです。。。

 

画像に含まれている可能性があるもの:31人

※この写真も、もう6年ほど前ですね。笑

 

総じて言うと

 

 

いかがでしたでしょうか?

あくまで一例ですが、半ば良い風に書きすぎましたかね?笑

ただ実情ではあると感じています。

 

 

今回はたまたまラクロスに焦点を当てましたが、

何をやってきたとしても、本質は変わりません。

 

 

さらには大学で頑張って、いい会社に入るのではなく、

社会に出てから活躍できる人材になることが、もっともっと大切です。

 

 

大学で燃え尽きて、社会に出てからサボっていちゃ、

意味ないですもんね。

 

 

久々に大学時代を振り返りながら、綴ってみた柾木でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です